Menu

他に比べてパートや派遣が多い

ホームヘルパーは、介護サービスの利用者の身体的な介助だけでなく、炊事や買い物、掃除、送迎など様々な業務を担当します。
また、それぞれの利用者の身体の状態や生活上のニーズなどにより、業務内容が変わることもあり、臨機応変に行動ができる人材が重宝されています。

ホームヘルパーの働き方としては、パートや派遣などの時間に融通が利く登録型と正社員としても働ける常勤型があります。
介護施設に比べて正社員として働く人が少なく、パートや派遣として1日あたり3時間から5時間程度の勤務をする人が目立つことがホームヘルパーの特徴です。
特に、ホームヘルパーの人数にゆとりのある事業所においては、スタッフが自由に勤務日や勤務時間などを決められるところもあり、育児や家事、介護などと両立をしたい人の間で人気のある職場となっています。
登録型と常勤型、それぞれのメリットとデメリットについてはホームヘルパーになりたい!で確認できます。

ホームヘルパーの仕事は、1人の利用者と接する時間が長くなるため、スムーズに業務をこなすために、介護技術だけでなくコミュニケーション能力も鍛えておくことが大切です。
事業所によっては、ホームヘルパーとしての実務経験がない人を対象に、数か月間の研修を行うところもあり、先輩の指導を受けながら日々の業務に役立つ事柄をきちんとマスターすることもできます。

ホームヘルパーとして習得したスキルは、職場内だけではなく、転職活動をしたり資格試験を受験したりする際にも有利に働くことがあります。
ホームヘルパーに興味がある場合には、早いうちから各地の評判の良い事業所の見学をしたり、介護関係の就職説明会に参加したりして知識を蓄えることがおすすめです。