Menu

人間関係は気にしなくていい?

ホームヘルパーは利用者の自宅へ行き、その人に合わせたサービスを行います。
体が不自由な方の場合には、入浴介助や、料理など身の周りのお世話をします。
体は健康でも高齢のため、外に出歩くことが困難な人には、買い物や洗濯を代行するなど、その人に合ったサービスを行います。
この様に、1日に何件かの利用者の自宅へ行き、目的に合ったサービスを提供することが主な業務内容になります。

中には、身の回りのお世話を行うだけなので人間関係を気にしなくてもいいと、勘違いしてしまう人もいますが、それは間違いです。
実際には利用者の自宅へ訪問した際に心のケアを行うことも必要になります。
そのため、時には利用者との会話を大切にしなければいけません。
この場合、喋ることが苦手であっても、コミュニケーション能力の向上や仕事と割り切って自ら話すことで解決できることもあります。
もちろん、利用者によっては、話してほしくない人もいるので、上手く見極めることも重要です。

そしてもう1つの問題は、勤務終了時、中間報告をまとめるために事業所へ戻った際の他のヘルパー同士とのコミュニケーションの取り方です。
事業所によってはアットホームな職場や殺伐とした職場もあり様々です。
中には他のヘルパーとほとんど顔を合わせない事業所もあります。
ホームヘルパーは1人で仕事をしている訳ではありません。
そのため、ヘルパー同士の情報共有が必須です。
利用者へのケアや自信のスキルアップに約立つこともあるため、もし交流の場が苦手てあってもしっかりと他のヘルパーの方と情報を共有することで人間関係の問題を解決することもできます。